うまく話せない

吃音と付き合ってきました

吃音というのは言い換えればどもりのことで、私も悩まされてきました。よくある症状なのですが頭の中では言葉がうかぶのにうまく口に出して話せないという症状です。これは単純な症状なようでいて、かなり日常生活に問題があります。特に困るのが面接のときなどで、口がうまく回らずに実力を全く発揮できません。慣れた人との間になると普通に話せて、むしろ饒舌になるくらいなのですが吃音という症状はそういうものです。知らない人が一人でもいると症状が出てくるという人が多いようで私もそんな中の一人です。この症状には長い間苦しめられてきたのですが、治療法はあります。私も体験したので分かるのですが、その方法などを書いていきます。

治療法は、あります。

吃音を治す方法というのは大きく分けて二つ、1つは外科的な方法をとることで、もう1つは精神的な方法を取る事です。吃音というのは舌に余分な脂肪や筋肉などが付いてしまっている事が多く、それによりうまく発音できないという事が多いです。その余分な部分を切除してしまえば問題は解決します。よほど問題が重大な場合には保険も利くので安心です。また多くの人は精神的な問題により解決する事が多いです。ボイストレーニングをして舌の動きをある程度よくしたら自分に自信をつけるだけで吃音は治ります。私はこのどちらの方法もしてみたのですが、効果がありました。ハキハキと大きな声で話す事ができるようになったので評判がとてもいいです。吃音は治るものなので早期解決ができます。